スポンサーリンク

 
新海誠監督の短編アニメ『ほしのこえ』。これは監督初の劇場公開作品です。25分に秘めた、監督の思いなどについてご紹介します♪

なお、本記事では人物名など敬称なしで記述します。

『ほしのこえ』メディアミックス

新海誠監督『ほしのこえ』はメディアミックス展開されています。
 
小説

  • 『ほしのこえ』
    • 大場惑著、角川つばさ文庫刊行
  • 『ほしのこえ あいことば/ほしをこえる』
    • 加納新太著、エンターブレイン刊行
漫画
  • 『ほしのこえ』
    • 佐原ミズ著、KCデラックス刊行
舞台
  • CBGKシブゲキ!!『ほしのこえ』
    • 2015年4月23日-27日
    • 脚本・演出、拝田ちさと
このメディアミックスを見ると、新海誠作品は『君の名は。』で2016年にブレイクする前から注目されていたということなんですね。注目度ゼロなコンテンツが、これほどにメディアミックスされるわけがないですから...。

『ほしのこえ』について

※(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films ほしのこえ(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
 
この作品は、本記事公開日現在、主要動画配信サービス(Hulu、Netflix、Amazonプライム)での「見放題」視聴はありません。ただし、Amazonプライムで追加料金での視聴が可能です。

『ほしのこえ』ミニ情報♪

<スポンサーリンク>  

 
  • 英語タイトル:The voices of a distant star
  • 監    督:新海誠
  • 脚    本:新海誠
  • 原    案:新海誠
  • 編    集:新海誠
  • 出    演:新海誠、篠原美佳(オリジナル版)
  • 公    開:2002年2月2日
  • 時    間:25分
う〜ん、新海誠、相変わらずものすごい大活躍です(笑)。
このとき使用したマシンはPower Mac G4 400MHzで、『彼女と彼女の猫』のときよりパワーアップしていますね♪

『ほしのこえ』あらすじ

2039年、地球は異星人の脅威にさらされていました。それから7年。
 
中学3年生の美加子と昇に恋が芽生え、同じ高校へいっしょに進学すると思われていたのですが、美加子が国連宇宙軍の調査隊に選抜され、2047年には遠い宇宙へ旅立ちます。
 
2人を繋ぐのは超遠距離なメールサービス。でも、美加子が遠ざかるほどに、メールのやりとりにも、とてつもなく時間がかかるようになってしまいます。
 
まもなく帰還の途につくかというときに敵襲です。それから逃れるために、美加子たちの歓待はワープでさらに遠方に。すでに美加子と昇の距離は8光年。15歳の美加子は受け取り時には24歳になっているであろう昇にメールを書くのです。
 
そして、さらなる戦闘が再開され...。
 

スポンサーリンク

『ほしのこえ』サイト管理人の勝手な感想♪

劇中、美加子が「携帯でメールを書く」というのがなんとも時代を感じさせます。そりゃそうですね〜。
 
この作品が公開された2002年には、いまのスマホなど影も形もありませんでしたから。iPhoneが衝撃的にデビューし、一般でも広く使われるようになったのが2009年頃です。
 
でも、当時の携帯(のようなものに)光速通信機能が内蔵されちゃっている...というのはなかなかな発想です。そうそう、ここに出てくる携帯、ドコモから出たての頃の機種にクリソツです(笑)。
 
それから2人に恋心が芽生える2039年の世界が、妙に今よりも古い時代、たとえば1980年代くらいな感じに描かれていて、妙にノスタルジックです。
 
ところで、物語は、これ以上ないというくらいにプラトニックな恋の切なさを描いています。これ見た人は、胸がキュンとするような自分の切ない初恋を思い出すのではないでしょうか...。
 
_/_/
 
それから、感想というより、こぼれ話をひとつ。
劇中に「さいたま交通、階段上」というバス停が何回も登場しますが、あれ、現存します。埼玉県さいたま市にあります。って、主人公の2人は埼玉県出身なのね♪
 
それにしても、このバス停って、やっぱり2039年には見えないよね〜。しかも、床が板張りって1970年くらいじゃん!?(現存する「さいたま交通、階段上」は現物を確認していませんが...)

まとめ

今回は、新海誠監督の初劇場公開アニメ『ほしのこえ』を紹介させていただきました。
 
前作『彼女と彼女の猫』同様に、男女の切ない恋の展開を描いています。もっとも、前作の僕は猫でしたが(笑)。
 
このころから、新海誠作品のメインのモチーフは、少年少女の儚い恋物語であり、それが『君の名は。』まで続いているのですね。
 
劇中の「想いが時間と距離を超える」って...切ないけど深い言葉です。

  • (わたしは)ここにいるよ。
 
※アイキャッチ画像:(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films  
 
_/_/
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
シネマファン♪

スポンサーリンク
おすすめの記事