スポンサーリンク

 
新海誠が2000年、自主製作で仕上げたアニメーション『彼女と彼女の猫』を紹介させていただきます。モノクロの本作は、フルバージョンは5分弱の作品です。

※この記事では登場人物は全員、敬称なしで記述します。

最初、新海誠について

新海誠、45歳、本名、新津誠。生まれは長野県南佐久郡小海町。父は地元ゼネコン、新津組の3代目社長です。
 
中央大学文学部で国文学を専攻し、1996年、無事卒業します。修飾は、4代目社長業の修行として父の紹介で受験した都内住宅メーカーに勤務の予定でした。でも、親の思惑通りに事が進まないのは世の常です(笑)。
 
新津青年は、大学在学中からアルバイトをしていたゲーム会社、日本ファルコムにそのまま入社してしまいます。父びっくり...ですよね。
 
アニメーション製作では、かなり優秀だったとのこと。で、日本ファルコムに勤めながら、帰宅して夜な夜なアニメ製作に没頭。で、その2作目が『彼女と彼女の猫』で、第12回CGアニメコンテストでグランプリを受賞したのです。
 
で、日本ファルコム5年目の2001年に退職し、アニメ製作を本業としたのです。

『彼女と彼女の猫』ミニ情報♪

※(C)Makoto Shinkai 彼女と彼女の猫(C)Makoto Shinkai
 
  • 監督・製作:新海誠
  • 音   楽:天門
  • イラスト :篠原美佳
  • 時   間:フルバージョン 4分46秒、ダージェスト 1分30秒
作成環境はPower Mac 7600/120、ソフトはAdobe Illustratorほか。4分46秒もの作品をこれで作るのは大変だったでしょうね。
 
Pawer Mac 7600/120は1996年5月発売で、当時実勢価格は32万円前後。当時発売されたシリーズでは、スペックは一番下のものみたいです。それに、フロッピーディスクがメインドライブの時代です。
 
やればできるんですね。標準メモリ16MB(最大搭載256MB)、VRAM標準1MB(最大4MB)で、これだけの作品を作ってしまう。自主製作の『彼女と彼女の猫』は今見ても、素敵な作品なので驚きます。
 

スポンサーリンク

『彼女と彼女の猫』あらすじ

一人暮らしの独身女性。彼女があるとき「白」猫である僕を拾います。僕は彼女の自宅で暮らし始めます。そうそう、僕の名前は「チョビ」ね♪
 
あるとき彼女が電話に出ると、どうも別れ話。彼女は泣きます。
 
そんなこんながあっても彼女と僕の暮らしは続きます。なんだか、彼女も僕も生きるのは達者ではないようです。それでも...。
 
僕も、それからたぶん彼女も、この世界のことが好きなんだと思う。

『彼女と彼女の猫』別バージョン

<スポンサーリンク>  

 
新海誠は『彼女と彼女の猫』を小説にします。著者は永川成基。そして、永川成基の構成・脚本で、これが『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』として2016年3月にテレビアニメ化されました。
 
  • 原   作:新海誠(小説版著者、永川成基)
  • 監   督:坂本一也
  • 構成・脚本:永川成基
  • 製   作:彼女と彼女の猫EF製作委員会
  • キャスト1:老いた「黒」猫・ダル(僕)〜浅沼晋太郎
  • キャスト2:彼女・短大生〜花澤香菜
  • キャスト3:香菜の母・ダルをどこからか連れてきた人〜平松昌子
この作品は、1話8分前後の全4話構成。4話が編集されたバージョンは27分ほどの作品です。エンドロールのあ直前に、自主製作版の『彼女と彼女の猫』につながります。
 
なお、この『彼女と彼女の猫 -Everythin Flows-』は、本記事公開日現在で、HuluやNetflixで「見放題」視聴ができまます。

まとめ

今回は、新海誠監督のアニメ処女作とも言える『彼女と彼女の猫』について紹介させていただきました。
 
正式な『彼女と彼女の猫』の動画は、現在、主要動画配信サービス(Hulu、Netflix、Amazonプライム)では視聴ができません。ただし、「ようつべ」では視聴できるみたいな...。
 
ところで白猫の僕は、やっぱり黒猫ダルの生まれ変わりなのでしょうか...。

追加情報

そうそう、『彼女と彼女の猫』の次作『ほしのこえ』も、主要動画配信サービスでの「見放題」視聴はないのですけど、Amazonプライムには追加料金200円で視聴できるようになっています。ただし、本記事公開日現在です。
 
そして、この追加料金版の『ほしのこえ』には、『ほしのこえ』本編の前に5分弱のフルバージョンの『彼女と彼女の猫』がついているんです。なので2作品連続して楽しめてしまう『ほしのこえ』は、結構、お得かもしれませんね♪

追加情報、その2

『彼女と彼女の猫』を見ていただくと気づくと思うのですが、この作品は、ホントうまく五感を刺激してくれるんです。視覚、聴覚、体感覚、味覚、そして、嗅覚。これらが僕の語り(声は新海誠監督自身)で詩の朗読のように展開されるのです。それって、人をトランスに誘うのです。
 
トランスに誘うからって、怪しいことをということじゃないです。見る人それぞれが、よりメタファーを感じやすくなるのです。だから、この短編にとても感動を覚えるのかもしれません。
 
※アイキャッチ画像:(C)Makoto Shinkai  
 
_/_/
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
シネマファン♪

スポンサーリンク
おすすめの記事