• 君の名は。
    『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
    2017年8月15日
  • 君の名は。
    『君の名は。』は1200年間を物語る壮大なるミステリー作品だった!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』をリピートしたくなる理由はこれだ!!
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』大ヒットの鍵は「協業」、そして「共通」「共同」「共感」へ♪
    2016年12月6日
  • ネタバレ満載
    『君の名は。』瀧と三葉の入れ替わり全解明、計12回はこれだ!
    2017年7月29日
  • 君の名は。
    『君の名は。』興行収入は新海誠監督作品最大のメガトン級!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』のあらすじと見どころ!?(一部、ネタバレあり)
    2016年9月14日
<スポンサードリンク>

 
Blu-rayコレクターズエディションの特典映像にある「新海誠監督講演」に基づき、『君の名は。』に込めた作者たちの思いについて確認してみます。
 
その1は、「2つのログライン」と「物語の因果律」いうお話です。
 
以下、「新海誠監督講演」をベースにしていますが、表現その他、自由にやっていますので、文責はサイト管理人「たもつ」(以下、「私」と記す)にあることをご了承ください。  

『君の名は。』の2つのログラインについて

『君の名は。』の2つのログラインについては、こちらの記事にも書きました。お読みいただけると嬉しいです。

 
物語をつくるプロの作者は、まず、「ログライン」を作成することからはじめます。「ログライン」とは「物語の内容を短く数行で書いたもの」であり、あらすじではなく、コンセプトです。
 
ここでいうコンセプトとは、「どういう話を伝えたいのか」ということを端的に表したものです。
 
映画『君の名は。』をつくるにあたって、新海誠監督たちは、2つのログラインを考えました。

  • A:夢で出会った少年と少女が、やがて現実でも出会う話。
  • B:夢のお告げを受けた少女が、人々を災害から救う話。

 
そして、この2つのログラインはどちらも典型的なパターンで構造化されています。それについては後述します。
 
いずれにしても『君の名は。』は、この2つのログラインをテーマとして展開していくのです。おおよその展開は次のようになっています。

  • プロローグ
  • オープニングA
  • ログラインA
  • オープニングB
  • ログラインB
  • エピローグ
  • ログラインAは【Boy meets girl】

    『君の名は。』は、若い男女が出会う物語という一つの側面を持っています。それがログラインAです。そして、この「若い男女が出会う」という物語は【Boy meets girl】というひとつのジャンルにもなっていて、世界で愛される物語のひとつの典型パターンです。
     
    さらにこの【Boy meets girl】は構造的には次の3つで構成されます。

    1. 【Boy meets girl】
    2. 【Boy losts girl】
    3. 【Boy meets girl, again】

     
    このパターンの話は必ずこの形を取ります。もちろん、映画『君の名は。』もこの構造でログラインAが展開されています。この展開の詳細は別記事で書く予定です。
     
    みなさんは、この【Boy meets girl】【Boy losts girl】【Boy meets girl, again】はどこでどう展開されているのか映画『君の名は。』で答え合わせをすると面白いかもしれません♪

    ログラインBは【昔話】

    次にもうひとつのログラインBですが、これは昔話です。夢のお告げを現実化するという【昔話】なのです。この話のパターンについては、古くは、日本書紀、古事記などのなかにもたくさんあり、日本人に愛された展開です。
     
    新海誠監督は講演のなかでこう話しています。
     

    『君の名は。』は、「ログラインB」の上に、ロマンチックな「ログラインA」が乗っているということが、他の映画にはあまりない特徴だと思います。
    僕は、もしかしたらこの映画が、こんなに1千万人以上の人に見ていただけたのは、この構造があったからなのかな、これもひとつの理由なのかなと思ったりします。
     
    僕達がずっと子供の頃から親しんできた昔話のお話の上に、わかりやすい少年と少女の出会いが乗っている。それが『君の名は。』なんですね。

    物語の因果律〜語られたことは必ず起きる

    『君の名は。』を深く理解するためには、ここまでに書いた「2つのログラインの構成」を知ることが1点。そして、もう1つ大切なことがあります。それが「物語の因果律」という話です。
     
    物語には、物語を展開させる、動かすための、物語のなかだけの因果律があります。物語の作り手はその因果律を意識して物語を書くのです。それは端的に言うとこういうことです。

    • 物語のなかで語られたことは必ず物語りのなかで起こる。

     
    『君の名は。』では、いろいろなところに、この因果律の仕掛けがほどこされています。それについても、詳細については、このあとに続く記事で書くことにします。

    まとめ

    今回の記事では、映画『君の名は。』を深く理解し、より楽しむための作り手の考え方、とくに「ログライン」と「因果律」について、そのポイントを書きました。
     
    続く「その2」では「ムスビ」について書く予定です。「ログライン」「因果律」「ムスビ」を概略理解すれば、いよいよ、『君の名は。』に作者が込めたいろいろな思いを理解する前提がコンプリートです♪
     
    ※アイキャッチ画像の出典:pixabay
    (物語をイメージする画像として使わせていただいています。)
     


<スポンサードリンク>
ネタバレ満載の関連記事
  • 「2つのログライン」と「物語の因果律」〜『君の名は。』に込めた新海誠監督の想い、その1
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その2、新海誠監督の遊び心ある仕掛けたち!?
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その1、意識入れ替わり「3年と3日ズレてる説」!?
  • 【遊び心か】『君の名は。』のなかにある2つの『言の葉の庭』について
  • 『君の名は。』瀧と三葉の入れ替わり全解明、計12回はこれだ!
  • 宮水三葉と立花瀧が直接出遭ったのは3回、そして3回目で本懐を遂げます♪
おすすめの記事