スポンサーリンク

 
新海誠監督作品について、『彼女と彼女の猫』から『君の名は。』までを紹介。予告動画もつけますので、新海誠監督作品全体を把握してから個別の作品を楽しむきっかけにしていただければと思います。

以下、人物は敬称なしで書かせていただきます。

はじめに、新海誠監督のプロフィールなど

※出典:映画.com 新海誠(※映画.comから)
 
いまや新海誠監督の代表作と言えば、『君の名を。』ですね。
 
しかし、サイト管理人だけではなく多くの方が、『君の名を。』を見てはじめて新海誠監督作品に触れたのではないでしょうか。そして、いったん新海誠ファンになってしまうと、他の作品も絶対に見たくなります。
 
それでは各作品紹介に入る前に、新海誠監督のミニ情報です。
  • 本  名:新津誠(にいつまこと)
  • 生年月日:1973年2月9日生まれ(45歳)
  • 出  身:長野県南佐久郡小海町
  • 学  歴:中央大学文学部卒業(国文学専攻)
  • 所  属:コミックス・ウェーブ・フィルム
  • 家  族:妻・三坂知絵子(みさかちえこ・女優)、娘・新津ちせ(にいつちせ・女優)
  • 実  家:ゼネコン新津組を営む
新海誠監督は、長野県佐久郡小海町で代々建設会社を営む家に生まれました。監督の父は株式会社新津組(ゼネコン)の3代目社長です。これを読んで多くの方は「なるほど!」と思うでしょう。なぜなら、『君の名は。』に登場する高校生・勅使河原克彦の境遇設定がこれと酷似していますからね。
 
『君の名は。』では、地元に根付く家業のもとに生まれた大変さを、次の2人を通して語っています。
 
  • 宮水三葉(みつは)〜宮水神社の神主をしている祖母・一葉から神主を「継ぐ運命」にある。
  • 勅使河原克彦〜町の土建業を営む父からその事業を「継ぐ運命」にある。
この「継ぐ運命」に思い悩む若者の苦悩が『君の名は。』の中で表現されているのですが、その実体験が監督自身にあったということなのかもしれません。だからこそ、『君の名は。』で表現されている登場キャラたちの悩みがリアルなのです。
 
それからもうひとつ。『君の名は。』には、次のことも込められているのかもしれません。
 
  • 運命は自らの意思で変えることができる。

新海誠監督の作品一覧と簡単な解説です

2000年から2016年までの新海誠監督作品の一覧です。

  • 『彼女と彼女の猫』(2000年自主製作)
  • 『ほしのこえ』(2002年公開)
  • 『雲のむこう、約束の場所』(2004年公開)
  • 『秒速5センチメートル』(2007年公開)
  • 『星を追う子ども』(2011年公開)
  • 『言の葉の庭』(2013年公開)
  • 『君の名は。』(2016年公開)
どの作品にも共通しているのは、「主要な男女のやりとりが物語の核になっている」ということです。それでは、1つ1つ、簡単な紹介をさせていただきます。

『彼女と彼女の猫』(2000年自主製作)

※(C)Makoto Shinkai 彼女と彼女の猫(C)Makoto Shinkai
 
記事公開日現在、Hulu、Netflix、Amazonプライム(以上を「主要動画配信サービス」と呼称することにします。以下同じ。)で本作品を「見放題」視聴することはできません。
 
  • 英語タイトル:Their sanding points
  • 語    り:新海誠
  • 時    間:5分弱
  • 特    記:2000年、自主製作
新海誠原作で、2016年にアニメ化された『彼女と彼女の猫 -Everything Flows-』(坂本一也監督)とは違います。あくまでも、2000年、自主製作で新海誠監督が世に出した作品のほうです。

『彼女と彼女の猫』あらすじ

ある一人の独身女性に拾われた猫のモノローグ。この物語では「男女のやりとり」はオスの猫と人間の女性です。ある一人の独身女性に拾われた猫のモノローグで展開されます。猫の語りは新海誠監督自身が担当。
 
4分くらいからのモノローグを目を閉じて耳を澄ませると、まるでそれは「詩」であり、心に浮かぶ映像とともに、ひと言ひと言が心に染みます。そして、最後の語り。

  • 僕も...
  • それからたぶん彼女も...
  • この世界のことを好きなんだと思う。

『彼女と彼女の猫』予告編

5分弱の短編なので予告編はありません。ここには載せませんが、「ようつべ」にあると思いますので、ぜひ、探してご覧いただければと思います。
 
ちなみに、サイト管理人は、『君の名は。』を除くと、この短編『彼女と彼女の猫』が一番好きです。メタファー(暗喩)満載の作品です。
 
_/_/
 
『彼女と彼女の猫』については、こちらの記事もどうぞ♪

『ほしのこえ』(2002年公開)

※(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films ほしのこえ(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
 
記事公開日現在、「主要動画配信サービス」で本作品を「見放題」視聴することはできません。
 
  • 英語タイトル:The voices of a distant star
  • 公    開: 2002年2月2日
  • キャッチコピー
    • 私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。
  • 小    説:『ほしのこえ』(大場惑著、ダ・ヴィンチ刊)
  • 漫    画:『ほしのこえ』(佐原ミズ著、アフタヌーン刊)
  • 監督・脚本・演出・作画・美術・編集を新海誠がほぼ1人で作業!
  • 受    賞
    • 第1回新世紀東京国際アニメフェア21公募部門、優秀賞
    • 第7回アニメーション神戸パッケージ部門、作品賞
    • 第2回日本オタク大賞、「トップをねらえ!」賞
    • 第6回文化庁メディア芸術祭デジタルアート部門、特別賞
    • 第23回星雲賞メディア部門/アート部門、受賞
    • デジタルコンテンツグランプリ2002エンターテインメント部門、映像デザイン賞
    • 第8回AMD AWARD、BEST Director賞

『ほしのこえ』あらすじ

2人の中学3年生のその後、宇宙規模の遠距離恋愛物語。
 
1人は宇宙に旅立った少女・長峰美香子と、そして、もう1人は、地球に残った少年・寺尾昇。2人は携帯電話でやりとりをするが、美香子が遠くにいけばいくほど、1つのメールが昇に届くまでに要する時間が膨大になります。8後年の彼方に行ってしまった美香子が書いたメールは、9年後の昇にようやく届くのです。

『ほしのこえ』予告編

※YouTube〜『ほしのこえ』予告編

 
もうひとつの動画です。『ほしのこえに関する新海誠監督インタビュー』。
 
※YouTube〜『ほしのこえ』インタビュー

_/_/
 
『ほしのこえ』については、こちらの記事もどうぞ♪

『雲のむこう、約束の場所』(2004年公開)

※(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films 雲のむこう、約束の場所(C)Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films
 
記事公開日現在、HuluとNetflixで本作品を「見放題」視聴することができます。
 
  • 英語タイトル:The place promised in our early days
  • 公    開: 2004年11月20日
  • キャッチコピー
    • あの遠い日に、僕たちは、かなえられない約束をした。
  • 小    説:『雲のむこう、約束の場所』(加納新太著、エンターブレイン刊)
  • 原作、脚本、監督等を新海誠氏が担当!
  • 受    賞
    • 東京国際アニメフェア2003、表現技術賞(パイロット版)
    • カナダファンタジア映画祭、アニメーション映画部門銀賞
    • 第36回星雲賞アート部門、受賞
    • 第59回毎日映画コンクール、アニメーション映画賞
    • 韓国SICAF2005、長編映画部門優秀賞

『雲のむこう、約束の場所』あらすじ

日本には、もう1つの戦後があった。そして、その世界では、日本は南北に分断されていた。
 
世界のなんと半分を制覇している共産国家群ユニオンはエゾ(北海道)を支配下に置いて、島中央にとてつもなく高い塔を建造している。青森県の津軽半島に住む中学3年生の藤沢浩紀と白石拓也がその塔にあこがれ、飛行機で国境である津軽海峡を越え、塔まで飛んでいこうという計画をしている。その計画にひょんなことから、クラスメイトの沢渡佐由理にバレてしまい...。

『雲のむこう、約束の場所』予告編

※YouTube〜『雲のむこう、約束の場所』予告編

_/_/
 
『雲のむこう、約束の場所』については、こちらの記事もどうぞ♪

『秒速5センチメートル』(2007年公開)

※(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films 秒速5センチメートル(C)Makoto Shinkai / CoMix Wave Films
 
記事公開日現在、HuluとNetflixで本作品を「見放題」視聴することができます。
 
  • 英語タイトル:5 Centimeters Per Secound
  • 公    開: 2007年3月3日
  • キャッチコピー
    • どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。
  • 小    説:『秒速5センチメートル』(新海誠著、角川文庫刊)
  • 原作、脚本、監督等を新海誠氏が担当!
  • 受    賞
    • アジア太平洋映画祭、アニメーション映画賞
    • イタリアフューチャーフィルム映画祭、ランチア・プラチナグランプリ(最高賞)

『秒速5センチメートル』あらすじ

短編3話の連作構成。
 
第1作が『桜花抄』。
小学校を卒業し、転校で遠く離れてしまった中学生男女の恋物語。まもなく東京から九州への引っ越しを控えた遠野貴樹(13歳)は、栃木に行ってしまった元クラスメイト・篠原明星に会いに行くが...。
 
第2作が『コスモナウト』。
中学2年に東京から転校してきたクラスメイト・遠野貴樹をずっと恋い焦がれていた澄田花苗(17歳)は、あることを成し遂げて、貴樹に告白する決意をするが...。
 
第3作が『秒速5センチメートル』。
社会人となった貴樹は、高見を目指そうともがいているも、自分がよくわからない。そして、中学生のあの雪の夜以来、唯一の女性を追いかけ続けていたことを知り...。

『秒速5センチメートル』予告編

※YouTube〜『秒速5センチメートル』予告編

_/_/
 
『秒速5センチメートル』については、こちらの記事もどうぞ♪

『星を追う子ども』(2011年公開)

※(C)Makoto Shinkai/CMMMY 星を追う子ども(C)Makoto Shinkai/CMMMY
 
記事公開日現在、HuluとNetflixで本作品を「見放題」視聴することができます。
 
  • 英語タイトル:Children Who Chase Lost Voices
  • 公    開: 2011年5月7日
  • キャッチコピー
    • 少年は憧れ、少女は旅立つ。それは"さよなら"を言うための度。
  • 小    説:『星を追う子ども』(あきさかあさひ著、MF文庫J刊)
  • 漫    画:『星を追う子ども アガルタの少年』他
  • 原作、脚本、監督等を新海誠氏が担当!
  • 受    賞
    • 第8回中国国際動漫節、優秀賞

『星を追う子ども』あらすじ

看護師の母と2人暮らしの明日菜。
 
ある日、突然、別世界の少年と出会い、命を助けられる。
しかし、その少年の死体が発見され、それを受け入れられない明日菜は、その別世界に足を踏み入れることに...。

『星を追う子ども』予告編

※YouTube〜『星を追う子ども』予告編

_/_/
 
『星を追う子ども』については、こちらの記事もどうぞ♪

『言の葉の庭』(2013年公開)

※(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films 言の葉の庭(C)Makoto Shinkai/CoMix Wave Films
 
記事公開日現在、HuluとNetflixで本作品を「見放題」視聴することができます。
 
  • 英語タイトル:The Garden of Words
  • 公    開: 2013年5月31日
  • 小    説:『言の葉の庭』(新海誠著、KADOKAWA刊)
  • 原作、脚本、監督等を新海誠氏が担当!
  • 受    賞
    • カナダ・モントリオール・ファンタジア映画祭、今敏賞
    • カナダ・モントリオール・ファンタジア映画祭・劇場アニメーション部門、観客賞
    • 第18回アニメーション神戸賞作品賞、劇場部門受賞
    • シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭長編映画部門、最優秀賞

『言の葉の庭』あらすじ

15歳の高校生、秋月孝雄は靴職人を目指している。雨の日の1限は授業をサボり、庭園で靴のデザインを考えるのが楽しみだった。
 
ある日、雨の庭園を訪れると、いつものベンチに先客がいた。名前は後々わかるのだが、27歳の雪野百香里。雨を凌げる庭園のベンチで朝からビールを1人飲んでいる。しかも、おつまみはチョコレート。たいした会話もせず、この2人は度々会うことになる。そして、靴職人を目指す孝雄は、百香里の靴をつくろうと悪しを測る。
 
そして、後日、百香里の正体がわかってしまうと...。

『言の葉の庭』予告編

※YouTube〜『言の葉の庭』予告編

_/_/
 
『言の葉の庭』については、こちらの記事もどうぞ。

『君の名は。』(2016年公開)

※(C)2016「君の名は。」製作委員会 君の名は。(C)2016「君の名は。」製作委員会
 
記事公開日現在、「主要動画配信サービス」で本作品を「見放題」視聴することはできません。
 
  • 英語タイトル:your name.
  • 公    開: 2016年8月26日
  • 小    説:『言の葉の庭』(新海誠著、角川文庫刊)
  • 原作、脚本、監督等を新海誠氏が担当!
  • 受    賞
    • 第42回ロサンゼルス映画批評か協会賞、アニメ映画賞
    • ほか、書き切れないほど多数の映画賞を受賞

『君の名は。』あらすじ

東京に住む高校生・立花瀧(タキ)と、岐阜県の糸守町に住む高校生・宮水三葉(ミツハ)は、突然、身体と心が入れ替わってしまう。
 
そして、その入れ替わりは、突然に終わる。実は、それは単なる偶然の出来事ではなく、1200年前からの必然だったのかもしれない...。彗星飛来の欠片が落ちて、500人の町民が一瞬で亡くなってしまうという大惨事の事実は!?

『君の名は。』予告編

※YouTube〜『君の名は。』予告編

 

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、『君の名は。』を含む新海誠監督作品7作を紹介させていただきました。
 
_/_/
 
サイト管理人は、『君の名を。』を除く6作品について、主要動画配信サービス(Hulu、Netflix、Amazonプライム)などを活用して全部見ました。
 
『君の名は。』については、公開中に4回、そして、Blu-ray発売後に数え切れないくらい見ました。
 
そのうえで、ここに紹介させていただいた新海誠監督作品は、どれも自信を持って視聴をお薦めできます。もし、気になる作品がありましたら、主要動画配信サービスなどでご覧になってください。
 
ただし、『君の名は。』だけは、記事公開日現在、主要動画配信サービスで「見放題」視聴ができるところはありません。なので、有料(追加料金発生という意味です)となります。
 
さて、『君の名は。』を除く作品を全部見てみると、これらの作品があって、『君の名は。』に繋がったのだなということがよくわかります。新海誠監督作品はどんどん発展していっているのです。次の新海誠監督作品も楽しみです。
 
_/_/
 
映画『君の名は。』は【dTV】ほかで2017年7月26日から追加料金での配信を開始しています。
 
<スポンサーリンク>

追記

本記事は、前任のサイト管理人「たもつ」さんが過去に書いた記事を大幅にリライトして再アップしました。なので、文責を明らかにするために、ライター名は「シネマファン♪」としています。
 
また、主要動画配信サービスにおける「見放題」情報などは、記事公開日現在情報です。各動画配信サービスにおける「見放題」コンテンツは、随時変更がありますことをご了承願います。

スポンサーリンク
『君の名は。』をとっぷり楽しみたいあなたへ。

『君の名は。』をいつでも、どこでも見たいというのなら、一番のお薦めはココですね♪
新海誠監督の他の作品も、もちろん楽しんでくださいね♪
 

 
31日間の無料トライアル期間も素敵です。
せっかくなので、31日間で十分楽しみ尽くしてください。
 
U-NEXTは、あなたにとって、その後も楽しめるメディアであると確信できます。
そして、他のSVODと比べても、圧倒的な品揃えも満足できます♪

おすすめの記事