• 君の名は。
    『君の名は。』のあらすじと見どころ!?(一部、ネタバレあり)
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』興行収入は新海誠監督作品最大のメガトン級!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』は1200年間を物語る壮大なるミステリー作品だった!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』瀧と三葉の入れ替わり全解明、計12回はこれだ!
    2017年7月29日
  • 君の名は。
    『君の名は。』をリピートしたくなる理由はこれだ!!
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
    2017年8月15日
  • 君の名は。
    『君の名は。』大ヒットの鍵は「協業」、そして「共通」「共同」「共感」へ♪
    2016年12月6日
<スポンサードリンク>

この記事は、内容修正につきボツ記事としますが、残します。以下、一部、正しくない情報を含んでいます。
昨年大ヒットの映画『君の名は。』。今日、5回目を観ました。公開中は4回見ました。そして、今回の5回目で、すべてわかりました。
 
宮水三葉と立花瀧は計11回、入れ替わりしたのです。
 

三葉と瀧の入れ替わりが全て解明!?

三葉と瀧の入れ替わり、その謎をとくヒントとなるリソースは3つあります。

  1. 小説版『君の名は。』
  2. マンガ版『君の名は。』
  3. 映画版『君の名は。』

 
[1]は、ほとんどヒントないです(>_<) 一方、[2]はそこそこのヒントはあります。それはコマ割りのなかに出てくるスマホ画面です。でも、全部は解明できないのです。 そして、[3]は公開中に4回見ましたけど、とめて確認するすべもなく、結局、ブルーレイが発売され届いた今日まで分かりませんでした。   今回、 映画『君の名は。』のブルーレイをしっかり逐一とめながら、全部確認しました。結果、三葉と瀧の入れ替わりは11回でした。ただし、以下の「入れ替わり情報」は、矛盾を発見したので、ただいま検証中です。

矛盾に気づく...(追記事項)

最初に書いた記事には矛盾があることに気づいたので、入れ替わり年月日を再検証しました。そして、さらに再検証後の結論においても矛盾があったので、もう一度検証しなおしました。
 
結論としては、最初に記した入れ替わり年月日を「正解」と理解することにしました。その場合、映画のなかに数シーンの矛盾点が出てきてしまうのですが、それは「描き間違いだ」と理解することにしました。
(以上、2017年7月29日追記)

最初に「瀧が三葉に入れ替わった日」を特定する

「瀧が三葉に入れ替わった日」、つまり、糸守側での現象の初回、それは【2013年9月2日(月)】です。
 
マンガ版によると、最初に「瀧が三葉に入れ替わった日」は【2013年9月2日(月)】です。月日と曜日について、コマ割りのなかのスマホに【9月2日(月)】と明記されています。年については、月日と曜日から推定もできますが、彗星落下災害が起きた年なので2013年です。
 
一方、映画によると、最初に「瀧が三葉に入れ替わった日」も【2013年9月2日(月)】です。最初の入れ替わりの翌日に「糸守高校での古典の授業シーン」があり、そのときの黒板には日付けが【9月3日(火)】と書いてあります。つまり、その前日【9月2日(月)】が最初に「瀧が三葉に入れ替わった日」となります。年については、マンガ版で書いたこと同様です。
 
以上から、最初に「瀧が三葉に入れ替わった日」は、マンガ版と映画版で一致します。

最初に「三葉が瀧に入れ替わった日」を特定する

「三葉が瀧に入れ替わった日」、つまり、東京側での現象の初回、それは【2016年9月5日(月)】です。
 
マンガ版によると、最初に「三葉が瀧に入れ替わった日」は【2016年9月5日(月)】です。月日と曜日について、コマ割りのなかのスマホに【9月5日(月)】と明記されています。年については、月日と曜日から推定もできますが、物語後半で3年のズレがあることが語られますおんで2016年です。
 
一方、映画によると、最初に「三葉が瀧に入れ替わった日」も【2016年9月5日(月)】です。その日の朝、友人・司から「もしかしてまだ家か?走ってこい!!」とLINEが入ります。そのスマホ画面には【9月5日(月)】と明記されています。年については、月日・曜日からも推定できますが、瀧が通う神宮高校教室内に「2016神宮高祭」とあり、2016年であると特定できます。
 
以上から、最初に「三葉が瀧に入れ替わった日」は、マンガ版と映画版で一致します。

入れ替わりは「3年と3日ズレている」!?

以上のことから、入れ替わりは「瀧が三葉に入れ替わった日」を基準に考えると「3年と3日ズレている」と判断しました。より正確に書くと

  • 3年と3日ズレている
  • 曜日は一致している

です。

三葉が瀧に入れ替わった日をすべて特定する

瀧ら3人が「三葉を探す旅」で事故後の糸守を訪れた際、ある衝撃的なシーンがあります。それは、三葉が瀧のスマホに残した日記がどんどん消えていくシーンです。そして、その消えていく日記タイトルが映画には映し出され、Blu-rayなら逐一とめながら、それを全部読み取るとることができます。
 
それによると、【東京生活〜東京生活10】と10個の記述があり、それぞれ月日・曜日を読み取ることができます。年はすべて2016年です。
 
以上のことから「三葉が瀧に入れ替わった日」は以下の通りです。
 

  • 東京生活   2016年 9月 5日(月)
  • 東京生活2  2016年 9月 7日(水)
  • 東京生活3  2016年 9月 9日(金)
  • 東京生活4  2016年 9月12日(月)
  • 東京生活5  2016年 9月16日(金)
  • 東京生活6  2016年 9月19日(月)
  • 東京生活7  2016年 9月20日(火)
  • 東京生活8  2016年 9月24日(土)
  • 東京生活9  2016年 9月29日(木)
  • 東京生活10 2016年10月 2日(日)

瀧が三葉に入れ替わった日をすべて特定する

以下の2つの仮定を前提に、前述の「三葉が瀧に入れ替わった日」リストから「瀧が三葉に入れ替わった日」を特定しました。
 

  • 仮定1、入れ替わりは3年と3日ズレている。
  • 仮定2、入れ替わりは時空のズレはあるものの同時に発生している。

 
「瀧が三葉に入れ替わった日」は以下の通りです。
 

  • 田舎生活   2013年9月 2日(月)
  • 田舎生活2  2013年9月 4日(水)
  • 田舎生活3  2013年9月 6日(金)
  • 田舎生活4  2013年9月 9日(月)
  • 田舎生活5  2013年9月13日(金)
  • 田舎生活6  2013年9月16日(月)
  • 田舎生活7  2013年9月17日(火)
  • 田舎生活8  2013年9月21日(土)
  • 田舎生活9  2013年9月26日(木)
  • 田舎生活10 2013年9月29日(日)

映画のなかにある矛盾...

以上の通り、10回の入れ替わり年月日を特定しました。しかし、映画において2つのシーンで矛盾が出てきます。
 

  • 矛盾1:三葉(中身は瀧)が美術の授業で机を蹴り倒した日の翌日、つまり、三葉(本人)がそれを知る日。それは【9月13日(金)】と黒板の記述で明記されています。しかし、田舎生活5にあるように蹴り倒した日こそが【9月13日(金)】なのです。
  • 矛盾2:2人がそれぞれ入れ替わりの事実に気づいたときのシーンで、入れ替わった瀧が三葉のスマホに残した日記が少しだけ映しだされます。「田舎生活」と記したものです。それらの日付けが「3年の3日のズレ」ではなく「3年のズレ」となっているのです。

 
以上の2つの矛盾は、制作側のミスとして理解することにしました。そもそも、最初の入れ替わり自体、マンガ版でも映画版でも「3年と3日のズレ」は明確です。なので、この「3年と3日のズレ」を大基本としました。

通常の10回の入れ替わり

(以下、日時を再検証中です。)
三葉と瀧の入れ替わりは、3年と3日ズレています。そして、最初の入れ替わりから、突然入れ替わりがなくなるまで、計10回の入れ替わりがありました。以下、三葉が瀧のスマホに残した「東京生活」の記録をベースに入れ替わりを記述します。
以下、「打ち消し線」のものは、「3年ズレ説」で最終的に採用するものです。
 

東京生活

  • 東京生活コメント:なし
  • 瀧(中身は三葉)2016年9月5日(月)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月2日(月)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月5日(木)at 糸守

このように2人は初めて、入れ替わりを体験します。

東京生活2

  • 東京生活コメント:初♥️原宿 表参道バニーニざんまい
  • 瀧(中身は三葉)2016年9月7日(水)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月4日(水)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月7日(土)at 糸守

三葉は憧れの東京でカフェ初体験しちゃったわけです。

東京生活3

東京生活コメント:お台場水族館に男子二人と

  • 瀧(中身は三葉)2016年9月9日(金)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月6日(金)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月9日(月)at 糸守

瀧の友だち〜高木と司〜で初水族館!

東京生活4

  • 東京生活コメント:お父さまの仕事場訪問♥️霞ヶ関
  • 瀧(中身は三葉)2016年9月12日(月)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月9日(月)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月12日(木)at 糸守

ひゃ〜、仕事場訪問だなんて、三葉(中身)は大胆です♪

東京生活5

東京生活コメント:下北沢で古着屋さん巡り

  • 瀧(中身は三葉)2016年9月16日(金)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月13日(金)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月16日(月)at 糸守

三葉(中身)は東京生活楽しんでいます♪

東京生活6

東京生活コメント:バイト慣れてきたかも〜♥️

  • 瀧(中身は三葉)2016年9月19日(月)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月16日(月)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月19日(木)at 糸守

東京生活7

  • 東京生活コメント:奥寺センパイと渋谷でお茶♥️♥️♥️
  • 瀧(中身は三葉)2016年9月20日(火)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月17日(火)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月20日(金)at 糸守

ここで重大新事実。
入れ替わりのトリガーは寝ること。しかし、この東京生活6&7のように、寝ても戻らず、入替が2日間続くこともあるんですね。これ連続ですが、2回としてカウントしました♪

東京生活8

  • 東京生活コメント:小旅行♥️鎌倉でカフェ巡り!
  • 瀧(中身は三葉)2016年9月24日(土)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月21日(土)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月24日(火)at 糸守

東京生活9

  • 東京生活コメント:バイトまた怒られちゃった。。。
  • 瀧(中身は三葉)2016年9月29日(木)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月26日(木)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月29日(日)at 糸守

東京生活10

  • 東京生活コメント:明日は奥寺先輩と東京デート♥️
  • 瀧(中身は三葉)2016年10月2日(日)at 東京
  • 三葉(中身は瀧)2013年9月29日(日)at 糸守
  • 三葉(中身は瀧)2013年10月2日(水)at 糸守

 
そして、この10回目の入れ替わり以降、入れ替わりがなくなってしまうのです。その理由は明らかです。2013年10月4日(金)20時42分、岐阜県糸守町の宮水神社付近にティアマト彗星の一部が落下し、500人以上が死亡。そのなかに三葉もいたからです(>_<)

特別な1回の入れ替わり

入れ替わりがなくなって、約3週間。瀧は衝動に駆られて三葉探しの小旅行に出ます。なぜか司と奥寺先輩もいっしょ。
2016年10月21日(金)から23日(日)の3日間です。この日付けについては、旅の初日、電車のなかで食べた駅弁の日付けで特定できます。そして、その旅の2日目、瀧の単独行動において、三葉と瀧の2人は11回目の入れ替わりをします。
 

  • 三葉(中身は瀧)2013年10月4日(金)at 糸守
  • 瀧(中身は三葉)2016年10月22日(土)at 糸守

 
過去10回の入れ替わりで時空のズレは3年と3日でしたが、11回目の入れ替わりは3年と18日となり、曜日も1つズレます。しかし、時空がズレている2人が出遭うんですよね。そのときは、2人とも高校2年生なんです。

時空が一致する!?

三葉(中身は瀧、2013年10月4日)と瀧(中身は三葉、2016年10月22日)が山の頂で出遭います。時空がズレているのに出遭うのです。その出遭ったときの年月日は...2013年10月4日(金)の黄昏時です。眼下に見える糸守湖は、もとの形の糸守湖です。そして、出遭った瞬間に、三葉は三葉本人に、瀧は瀧本人に戻ってしまうのです。2013年10月4日(金)のままで...。
 
しかし、黄昏時の入れ替わりによる出遭いは長く続きません。三葉(本人)は瀧(本人)の目の前から消え、瀧(本人)は、2-16年10月22日(土)に戻ってしまいます。眼下に臨む糸守湖は、事故後の「ひょうたん型」でした。
 
糸守町の住人が助かるかどうかは、2013年10月4日(金)に戻った三葉自身の活躍に懸けるだけです...。

まとめ

過去10回の入れ替わりについての全容は、前述したように、瀧が三葉探しに行った小旅行の初日にわかります。彗星落下の自然災害で全壊してしまった糸守町を前に、瀧のスマホに書かれていた三葉が書いた日記が消えていくあのシーン。その消えていく画面をよく見ると、東京生活1から東京生活10までの記録を読み取ることができます。
 
東京生活(1)は明らかに初回の入れ替わり。そして、東京生活10は、これも明らかにラストの入れ替わりです。なので、そこまでの入れ替わりは計10回あったということです。
 
そして、この10回の入れ替わりに、糸守町を救うことになった入れ替わり1回が加算されるわけです。

補足

実は、入れ替わりは三葉と瀧だけではなかったことが、後半で明らかになります。三葉の母・二葉にも、そして、おばあちゃんの一葉にも、過去、入れ替わりがあったのです。つまり、宮水家の女性に連綿と受け継がれてきた入れ替えは、2013年10月4日の2度目の彗星落下事故において、「奇跡を起こす」ために必要な入れ替わりだったのです。だから、奇跡を起こすための入れ替わりは、本当は11回だけじゃなかった...ということになります。

追記

以上、この記事は内容ボツですが、残します。個人的には納得しがたいのですが、新海誠監督が糸守町住民救出のための入れ替わりをのぞき、11回の入れ替わりがあったと明言していますので...。
 
_/_/
 
映画『君の名は。』は【dTV】で7/26から配信開始しています。
 
<スポンサーリンク>

注記

  • 画像出典:http://www.kiminona.com
  • 本記事はサイト移転に伴い、元サイト「映画『君の名は。』応援し隊♪」からここへ掲載しなおしました。その際、誤字修正などを含めリライトをしています。

<スポンサードリンク>
君の名は。の関連記事
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その2、新海誠監督の遊び心ある仕掛けたち!?
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その1、意識入れ替わり「3年と3日ズレてる説」!?
  • 『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
  • 【遊び心か】『君の名は。』のなかにある2つの『言の葉の庭』について
  • 【新海誠監督が語る真実】『君の名は。』の2つのログラインが成功の秘密!?
  • 神木隆之介が語る、新海誠作品3つの魅力について(特典映像から)
おすすめの記事