• 君の名は。
    『君の名は。』興行収入は新海誠監督作品最大のメガトン級!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』瀧と三葉の入れ替わり全解明、計12回はこれだ!
    2017年7月29日
  • 君の名は。
    『君の名は。』大ヒットの鍵は「協業」、そして「共通」「共同」「共感」へ♪
    2016年12月6日
  • 君の名は。
    『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
    2017年8月15日
  • 君の名は。
    『君の名は。』をリピートしたくなる理由はこれだ!!
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』のあらすじと見どころ!?(一部、ネタバレあり)
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』は1200年間を物語る壮大なるミステリー作品だった!?
    2016年9月14日
<スポンサードリンク>

映画『君の名は。』には、いろいろな遊び心が散りばめられています。そういうものを探し当てるのも、面白い「見方」かもしれません。
 
たとえば、『君の名は。』には、新海誠監督の前作『言の葉の庭』(2013年公開)のモチーフが、しっかり登場しています♪
 

前作・映画『言の葉の庭』について

『言の葉の庭』は2013年5月公開の映画です。
 
監督・脚本・原作は全て新海誠監督です。上映時間は46分と短いものの、『君の名は。』が登場するまでは、新海誠監督作品で最も興行収入を稼いだ作品です。推定1億5千万円。
 
ところで、新海誠監督の映画には必ず英語タイトルがあります。『言の葉の庭』は「The Garden of Words」です。そして、イタリア語のタイトルもあります。それは「IL GIARDINO DELLE PAROLE」です。どのように発音するのかは、わかりませんが...。

『言の葉の庭』のあらすじ

人づきあいが少し苦手な高校生のタカオ(秋月孝雄)。彼は靴職人を目指しています。そして、タカオには独自のルールがあるんです。
 
それは...

  • 雨の日は学校の1限目をサボって、とある庭園のあずまやで、靴のデザインを考える。

というものです。
 
ある雨の日、いつものようにあずまやを訪れると、そこで朝からビールを飲んでいる若い女性、ユキノ(雪野百香理)に出遭いました。
タカオはユキノに、どこかで会ったことがあるかと訊ねます。
ユキノは否定し、万葉集短歌を言い残して去ります。

  • 雷神(なるかみ)の少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ

この日を境に、雨の日の朝、2人の逢瀬がはじまるのです。
 
いろいろあって(省略!)、タカオはユキノのために手作りの靴をプレゼントすることを決めます。しかし、梅雨が明けると、2人の出遭いが途切れます。
 
そして2学期。タカオはユキノと学校内で、すれ違います。ユキノは古文の教師だったのです。実は、ユキノは生徒の嫌がらせにあって退職に追い込まれてしまったのです。
 
そんなこんながあって(省略ね)、タカオはユキノの部屋に行きます。そして(またまた超省略)、ユキノは郷里の四国へ帰り、そこでまた教師となるのです。
 
実は雨の日の逢瀬は、2人にとって「人生を歩く練習」だったのです。タカオは「もっと遠くまで歩けるようになったら、ユキノに遭いに行く」と決めます。

糸守高校の古文の教師、ユキちゃん先生

さて、話は『君の名は。』に戻り、2013年9月3日(火)、糸守高校の授業シーン。前日の2日、糸守高校に通う三葉の意識は、東京の高校生・瀧に入れ替わっていたのです。
 
なので、2日の三葉(中身は瀧)は、頭を結ぶこともできずザンバラ(?)で登校、自分の「ロッカーや席」も分からず。ユキちゃん先生に指されても、それが自分だと分からないのです。つまり、自分の名前もわからない状態です。相当にとんちんかんな出来事を学校で起こしてしまったのです。
 
その翌日となる3日は、入れ替わりが元に戻り、正真正銘の三葉本人が糸守高校に居るわけです。。
 
さて、授業シーンでは、古文の女性教師、ユキちゃん先生が『君の名は。』のなかでも重要なキーワードとなる『かたわれどき』(黄昏時)について語ります。黒板には万葉集#2240番が板書してあります。
 
誰そ彼(たそかれ)とわれをな問ひそ
九月(ながつき)の露に濡れつつ
君待つわれそ
 
ユキちゃん先生は「黄昏時(たそがれどき)」について説明を続けます。そして、生徒の質問から「黄昏時」を糸守町では「かたわれどき」と言うこともわかります。
 
で、この古文教師、ユキちゃん先生こそが、『言の葉の庭』に登場するユキノ(雪野百香理)なんです。
 
『言の葉の庭』では2013年9月頃、ユキノは東京で教師しているハズなんですが、なぜか、『君の名は。』では、2013年9月3日に岐阜県の糸守高校で授業してます。この矛盾といいますか、不整合については、『君の名は。』のパンフレットのなかで「観る人の想像次第」と語られています(おひおひ)。
 
また、「なぜ、『君の名は。』にユキちゃん先生が登場したのか?」ということについて新海誠監督は次のように語っています。

  • (ユキちゃん先生の登場は)最初から決めていました。
  • 『君の名は。』は前作までの映画よりもずっと大規模の公開になることが決まっていたので、「新海など知らない」という観客が大半になるだろうと。それならば昔から応援してくれているファンだけに分かる、秘密のプレゼントのようなものを作品に込めたいと考えたんです。
  • 新海誠監督の、そんな遊び心から、『君の名は。』のスペシャルキーワードをユキちゃん先生に説明させたんですね♪

    瀧のバイト先「IL GIARDINO DELLE PAROLE」

    2016年9月5日(月)には、東京に住む高校生・瀧の意識が、三葉に入れ替わってしまいます。
     
    その日、瀧(中身は三葉)はバイトに行くことになりました。どこがバイト先かも分からない瀧(中身は三葉)は、クラスメートの高木と司にバイト先を教えてもらい、なんとか出勤します。そのバイト先の店名がシーンとして映し出されます。
     
    店名は「IL GIARDINO DELLE PAROLE」。これどのように読むのかは知りません、イタリア語です。デジャヴ感ありますか?
    そうです、この店名は、まんま、『言の葉の庭』のイタリア語タイトルなんです。
     
    きっと、これも「従来からの新海誠ファンに対して、監督からのプレゼント」なんですね♪

    まとめ

    今回は前作『言の葉の庭』に関連する遊び心について書きました。
     
    他にも『君の名は。』には、いろいろな遊び心があります。それをひとつずつ発見することも、楽しいですね♪ たとえば、本記事に出てくる「月日」にも、「おひおひ、そりゃないでしょう」というような禁じ手まがいが出てくるのです。それを含め、今後も、そんなネタバレを少しずつ書いて行きたいと思っています。
     
    _/_/
     
    映画『君の名は。』は【dTV】で7/26から配信開始しています。
     
    <スポンサーリンク>

    注記

    • 画像出典:http://www.kotonohanoniwa.jp
    • 本記事はサイト移転に伴い、元サイト「映画『君の名は。』応援し隊♪」からここへ掲載しなおしました。その際、誤字修正などを含めリライトをしています。

<スポンサードリンク>
君の名は。の関連記事
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その2、新海誠監督の遊び心ある仕掛けたち!?
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その1、意識入れ替わり「3年と3日ズレてる説」!?
  • 『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
  • 【遊び心か】『君の名は。』のなかにある2つの『言の葉の庭』について
  • 【新海誠監督が語る真実】『君の名は。』の2つのログラインが成功の秘密!?
  • 神木隆之介が語る、新海誠作品3つの魅力について(特典映像から)
『君の名は。』をとっぷり楽しみたいあなたへ。

『君の名は。』をいつでも、どこでも見たいというのなら、一番のお薦めはココですね♪
新海誠監督の他の作品も、もちろん楽しんでくださいね♪
 

 
31日間の無料トライアル期間も素敵です。
せっかくなので、31日間で十分楽しみ尽くしてください。
 
U-NEXTは、あなたにとって、その後も楽しめるメディアであると確信できます。
そして、他のSVODと比べても、圧倒的な品揃えも満足できます♪

おすすめの記事