• 君の名は。
    『君の名は。』をリピートしたくなる理由はこれだ!!
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』興行収入は新海誠監督作品最大のメガトン級!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』瀧と三葉の入れ替わり全解明、計12回はこれだ!
    2017年7月29日
  • 君の名は。
    『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
    2017年8月15日
  • 君の名は。
    『君の名は。』のあらすじと見どころ!?(一部、ネタバレあり)
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』大ヒットの鍵は「協業」、そして「共通」「共同」「共感」へ♪
    2016年12月6日
  • 君の名は。
    『君の名は。』は1200年間を物語る壮大なるミステリー作品だった!?
    2016年9月14日
<スポンサードリンク>


 
『君の名は。』の主人公は2人。
東京都在住の高校生・立花瀧。そして、岐阜県Z郡糸守町在住の高校生・宮水三葉。
以下、ちょいネタバレありますのでご注意を。ネタバレ嫌だなという方は、ブラウザクローズね♪
 

主人公の2人は3度、出遭います♪

3度の出遭いは奇跡でしょうか、それとも、必然なのでしょうか。

  • 1度目〜奥寺先輩とのデートを終えたハズの瀧に、三葉が東京まで会いに行くシーン。電車の中で出遭いますね♪
  • 2度目〜糸守湖を望む山の上で、瀧と三葉が出遭います。
  • 3度目〜社会人となった瀧が偶然、電車に乗る三葉に出逢い、2人は急遽電車を降りて、とある階段ですれ違います。

 
この3度の出逢いの西暦は判りますか?
 
これから先は、まるまるネタバレなのでご注意ください。

1度目の出逢いは...

ずばりいきます、2013年です。
そもそも、入れ替わりが始まったのは、瀧側から見ると、2016年です。高校文化祭のポスターに2016年とありますからね♪
 
そして、瀧と三葉の入れ替わりは3年のズレがあるわけです。なので、1度目では、三葉は2013年の瀧に遭ったワケです。
 
そのとき、瀧は、まだ中学生。2013年の瀧は、まだ入れ替わりを体験していませんから、三葉の存在も知りません。瀧が三葉を「変な女だな」と思ったのはやむを得ないワケです。

3度目の出逢いは...

2度目の出遭いのことは、一番最後に書きますね♪
 
3度目の出逢いは、2022年です。劇中、瀧の就職活動が出てきます。あれって、瀧が糸守探しの旅に出てから5年です。つまり、旅に出たのは2016年で、それから5年ですから、2021年。
 
そして、何とか内定をゲットし、無事、社会人となった瀧が3度目なのです。だから、+1年で、2022年というワケです。

2度目の出逢いは...

瀧(なかみは三葉)と三葉(なかみは瀧)がともに糸守湖を臨む山の上を目指します。2人は、そこで出遭えると確信して動いたのです。
 
このとき、糸守湖を臨む山の上には、先に瀧(なかみは三葉)が到着しています。そして、この瀧は2016年に居ます。これを裏付けするシーンとしては、山の上から糸守湖が見えます。糸守湖のかたちが、彗星の欠片が堕ちて「ひょうたん型」になったままですから...。
 
一方、瀧(なかみは三葉)に遅れて山の上に着いた三葉(なかみは瀧)。この三葉は2013年に居るのです。
 
かたや2016年、かたや2013年ですから、近くに居ても、出逢えるハズがないのです。物理的には普通出遭いはあり得ないのです。
 
しかし、ここで奇跡が起きます。なんと、2人が見事逢えるのです。ネットには冒頭の画像のようなシーンを見ることができます。しかし、冒頭の画像のように2人が背中合わせで座っているシーンは劇中にはありません。
 
さて、2人が時空を超えて奇跡的に出遭った劇中のシーンには、冒頭画像のような糸守湖が写っています。そして、その糸守湖は、まんまるです。つまり、時間がズレているので本来出逢うはずのない2人が、2013年で出逢ってしまったということになります。
 
そして、出逢った瞬間、入れ替わりは元に戻り...。
瀧(なかみも瀧)と三葉(なかみも三葉)は、いくつか言葉を交わし、それだけで意志を通じ合います。その意志とは、三葉(なかみも三葉)が今度は「ギリギリまで糸守町を救う努力を、行動をする」ということです。
 
やがて、瀧(なかみも瀧)は1人、2016年の山の頂上に残されます。あとを三葉(なかみも三葉)に託して...。

2度目の出逢いは、変なものが残る!?

この2度目の出逢いの謎については、恐らく、『君の名は。』を1回観ただけでは、スルーしてしまうでしょう。つまり、2016年と2013年が交わって、一瞬2013年になったというようなことなど気づくはずはないでしょう。
 
でも、なんだか変だなという「もんもんとした気持ち」は潜在意識に残ると思うのです。その「もんもん」は晴らしたいと思うし、2回目を観る動機になるのかもしれません(笑)。

まとめ

出遭い、縁、それは目先だけでなく、ずっと昔から、1200年も前から続いているのです。
ここで書いた3回の出遭いは、連綿と続く流れの象徴なのです。1200年の宿願が遂げられるための出遭いだったのです。
それほどに大切な出遭いなので、3回それぞれの出遭いが何年なのかという謎解きをしてみました。
新たな謎解きは、さらに新たな謎を生むかもしれません。
そうしたら、また、謎を解きましょう♪
_/_/
そうそう、2013年と2016年が交わって、本来遭うことのない2人が出遭う。どうして、そうなったのか、どうして、そうならなければならなかったのか...という謎は、まだ残ったままです。上に少し書きましたが。
 
<スポンサーリンク>

注記

  • 画像出典:https://prcm.jp/album/1dd7f17036d7c/pic/64458180
  • 本記事はサイト移転に伴い、元サイト「映画『君の名は。』応援し隊♪」からここへ掲載しなおしました。その際、誤字修正などを含めリライトをしています。

<スポンサードリンク>
君の名は。の関連記事
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その2、新海誠監督の遊び心ある仕掛けたち!?
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その1、意識入れ替わり「3年と3日ズレてる説」!?
  • 『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
  • 【遊び心か】『君の名は。』のなかにある2つの『言の葉の庭』について
  • 【新海誠監督が語る真実】『君の名は。』の2つのログラインが成功の秘密!?
  • 神木隆之介が語る、新海誠作品3つの魅力について(特典映像から)
おすすめの記事