• 君の名は。
    『君の名は。』のあらすじと見どころ!?(一部、ネタバレあり)
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』瀧と三葉の入れ替わり全解明、計12回はこれだ!
    2017年7月29日
  • 君の名は。
    『君の名は。』をリピートしたくなる理由はこれだ!!
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』大ヒットの鍵は「協業」、そして「共通」「共同」「共感」へ♪
    2016年12月6日
  • 君の名は。
    『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
    2017年8月15日
  • 君の名は。
    『君の名は。』興行収入は新海誠監督作品最大のメガトン級!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』は1200年間を物語る壮大なるミステリー作品だった!?
    2016年9月14日
<スポンサードリンク>

映画『君の名は。』、これは、素敵なラブストーリーです。もしかしたら、儚く散ってしまうかもしれないラブストーリー!?
 
そして、その感動のピークは、ラストシーンにあります。このシーンを観たいがために、2回目、3回目と劇場に通う方もいるほどです。
 
一方、『君の名は。』は、ミステリーでもあるんです。ミステリーというと殺人の謎解きというイメージですね。この物語では 500人が亡くなる大災害は起きてしまいますが、殺人は起きません。とにかく「謎が満載」な作品です。

だから、新海誠監督から、観客の無意識に投げかけられた「謎たち」を、私たちは、知ってか知らぬか、無性に解きたくなってしまうのです。つまり、このミステリー的な「謎解き」も、2回目、3回目と劇場に通う動機付けになっているのです。
 
少なくとも、サイト管理人「たもつ」が劇場に通う動機は、感動のラストシーン以上に、この「謎解き」が目的です♪
 

サイト管理人は今週末に3回目を観ます!!

1回目の観賞は、フツーにラストシーンに感動しました。良かった、大団円で良かった...ということです。今年観た公開映画のなかでは、一番記憶に残る作品となりました。
 
ただし、見たあとの記憶の残り方が、単に、ラストシーンで感動したということだけではないのです。なんだか、今年見た映画たちのなかでは、心の中にモヤモヤしたものが残っているのです。それは、ほどなく、ストーリーに対する「謎」がそうさせているのだと判りました。
 
一体全体、何が「謎」なのか。サイト管理人「たもつ」は、その「何が謎なのか」を明らかにした上で、1回目から数日後に、2回目を観ました。それでも、ミステリーの「謎」は、かなり解けましたが、まだ、いくつか「謎」が残っています。なので、「謎解き」のために、今週末に 3回目を観る予定です♪

『君の名は。』の謎って何!?

これについては、人それぞれ感じるものが違うかもしれません。なので、サイト管理人「たもつ」が感じた「謎」の全てをここで列挙するのはやめます。すべてを開示してしまうのは、これから『君の名を。』を楽しむ方に失礼ですから。
 
そこで、誰もが抱くであろう「謎」について、少し語ることにします。

同じ時代ではない!?

後半以降に出てくるシーンで、社会人になった瀧と三葉が東京の須賀神社の階段ですれ違うシーンがあります。2人は、何かを感じるものの、それが誰だかを認識できませんでした。過去2回、直接会っていたにもかかわらずです。
 
瀧が描いたスケッチ。そこに描いた「記憶に残る町の風景」の場所を探す旅に出ます。2016年10月です。そして、飛騨のとある図書館で、3年前に起きた彗星の欠片が落ちた大災害によってお亡くなりになった方々の名簿一覧を見ます。
 
瀧は、この旅で、いったいどこの町を探していて、また、誰を探しているのかという記憶が全くなかったのですが、その名簿一覧を見て愕然とします。すべての記憶が一気に蘇ったからです。
一覧には、この名前が...。
 

  • 宮水一葉
  • 宮水三葉
  • 宮水四葉

 
2番目にある三葉こそ、ほんの少し前まで、自分と入れ替わっていた相手、三葉だったのです。三葉の身体の中に入れ替わった瀧が、三葉の目を通して見た風景こそが、瀧が描いた風景画だったのです。
 
ほんの少し前まで入れ替わっていた三葉は、すでに亡くなっていた!?
そして、三葉との入れ替わりには「3年の隔たり」があることも判るのです。

ばあちゃん・一葉が言う「結び」に巣くわれる!?

瀧は、三葉と入れ替わっていたとき、ばあちゃん・一葉の話をたくさん聞いています。そして、ばあちゃん・一葉の言葉で、一番、心に刻まれた言葉がこれです。
 

  • 糸を繋げることも結び、人を繋げることも「結び」、時間が流れることも「結び」、ぜんぶ、同じ言葉を使う。
  • それは神様の呼び名であり、神さまの力や。
  • ワシらの作る組紐も、神さまの技、時間の流れそのものを顕しとる。
  • よりあつまって形を作り、捻れて絡まって、時には戻って、途切れ、またつながり。
  • それが組紐。
  • それが時間。
  • それが、「結び」。

(小説『君の名は。』から転載)

 
瀧は、三葉がもうこの世にいないということを知った衝撃から、一葉の言葉で救われます。つまり...
 
まだ可能性があると。
 
そして、入れ替わりがなくなったいまでも、自分と三葉は繋がっていると確信します。

ご神体へ向かうタキ!?


(画像出典:twitter.com)
 
この画の中心ほどにある1本の木の元に、宮水一葉が守ってる宮水神社のご神体があります。瀧は、以前、三葉に入れ替わって、一葉と四葉の3人で、ここへ向かったことを覚えていました。なので、このご神体に行けば、何かが起こるはずという確信があったのです。
 
そんなこんなで、瀧は、「彗星飛来の欠片落下で500人が亡くなる大惨事」を回避するために奮闘するわけです。しかし、ここには、さらにややこしい入れ替えがあるわけで...。

まとめにかえて♪

全てを描いてしまうと、楽しみが半減するでしょうから、少しだけヒント的なことを。
 
映画を観るとき、次のことに注意するといいかもしれません。
 

  1. 高校生・瀧がいる世界は、西暦何年?
  2. 高校生・三葉がいる世界は、西暦何年?
  3. あの頂上で出逢う瀧と三葉。するとそこは西暦何年?
  4. 奇跡の再会、それは西暦何年?

 
ポイントは、3番かも...です♪
 
ちなみに、サイト管理人「たもつ」が週末予定している 3回目の観賞ですが、RADWIMPSが歌う4つの挿入歌の使われ方などを「ガン見」して探るつもりです♪♪
 
_/_/
 
映画『君の名は。』は【dTV】で7/26から配信開始しています。
 
<スポンサーリンク>

注記

  • アイキャッチ画像出典:https://tabichannel.com/article/102/kiminona
  • 本記事は、元サイト「新海誠作品おすすめ.com」からここへ掲載しなおしました。元サイトにおける当該記事は削除しています。移転掲載の際、誤字修正などを含めリライトをしています。

<スポンサードリンク>
関連キーワード
君の名は。の関連記事
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その2、新海誠監督の遊び心ある仕掛けたち!?
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その1、意識入れ替わり「3年と3日ズレてる説」!?
  • 『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
  • 【遊び心か】『君の名は。』のなかにある2つの『言の葉の庭』について
  • 【新海誠監督が語る真実】『君の名は。』の2つのログラインが成功の秘密!?
  • 神木隆之介が語る、新海誠作品3つの魅力について(特典映像から)
『君の名は。』をとっぷり楽しみたいあなたへ。

『君の名は。』をいつでも、どこでも見たいというのなら、一番のお薦めはココですね♪
新海誠監督の他の作品も、もちろん楽しんでくださいね♪
 

 
31日間の無料トライアル期間も素敵です。
せっかくなので、31日間で十分楽しみ尽くしてください。
 
U-NEXTは、あなたにとって、その後も楽しめるメディアであると確信できます。
そして、他のSVODと比べても、圧倒的な品揃えも満足できます♪

おすすめの記事