• 君の名は。
    『君の名は。』興行収入は新海誠監督作品最大のメガトン級!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』は1200年間を物語る壮大なるミステリー作品だった!?
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』瀧と三葉の入れ替わり全解明、計12回はこれだ!
    2017年7月29日
  • 君の名は。
    『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
    2017年8月15日
  • 君の名は。
    『君の名は。』をリピートしたくなる理由はこれだ!!
    2016年9月14日
  • 君の名は。
    『君の名は。』大ヒットの鍵は「協業」、そして「共通」「共同」「共感」へ♪
    2016年12月6日
  • 君の名は。
    『君の名は。』のあらすじと見どころ!?(一部、ネタバレあり)
    2016年9月14日
<スポンサードリンク>

7/26発売の映画『君の名は。』。宮水三葉(17)と立花瀧(17)はともに高校2年生ですけど、実際は3つ年が違います。
 
これ、2人の時空が3年ズレているからですね。そんな時空のズレのなかにいる2人が直接出遭うことができたので驚きです。
 
そこで、今回は、計で3回の直接の出遭いについて書きます。
 

1回目の出遭い

それは瀧がまだ中学2年生のときです。
2013年10月3日(木)。この日、三葉は学校があるのですが、「瀧と奥寺先輩のデートのこと」が気になって、妹・四葉に「これから東京に行ってくる」と言い残して出かけてしまいます。
 
2013年10月3日(木)というと、最後の入れ替わりがあった2013年10月2日(水)の翌日です。三葉は、10月2日が最後の入れ替わりになってしまうことを、10月3日の時点では知りません。
 
もちろん、翌日の10月4日(金)にはティアマト彗星の欠片の落下で、糸守町住民の3分の1に相当する、およそ500人が一瞬で亡くなってしまうこと、そして、そのなかに、自分や一葉、四葉、てっしーやさやかがいることも知りません。
_/_/
いずれにしても、2013年10月3日(木)、三葉は糸守から東京に出向いて瀧に会います。それまで、11回に渡って東京生活を体験していたので出逢える場所の見当はついていたのかもしれません。でも、三葉は大事なことを失念していました。2人の入れ替わりは時空が「3年ズレている」ということを良く理解していなかったのです。
 
だから、10月3日(木)に出遭えた瀧は「中学2年生の瀧」であって、まだ三葉のことを知るハズもないのです。
 
そんな瀧に、三葉は「私は三葉!」と言葉をかけ、組紐を手渡します。瀧は、その後、「三葉を名乗る女子高生」から手渡された組紐を、ミサンガのように手につけるようになります。

2回目の出逢い!?

2回目の直接の出逢いは、ちょっと複雑です。
 
その日は、1回目の出逢いの翌日。つまり、2013年10月4日(金)。ティアマト彗星の欠片が糸守に落下し、甚大な災害を引き起こす当日です。
 
瀧は2016年10月2日(日)の入れ替えを最後に入れ替えがなくなったことを理解しています。そして、三葉のことが気になった瀧は、司、奥寺先輩の3人で三葉に会うための小旅行に出かけます。小旅行は2016年10月21日(金)から23日(日)の3日間です。これ、電車のなかで食べる駅弁の日付けから分かります。
 
そして、旅の初日の21日(金)に、瀧は衝撃の事実を知るのです。三葉が2013年10月4日(金)に彗星落下の自然災害によって亡くなっていたこと、そして、一葉も四葉も、てっしーもさやかも3年前に亡くなっていたのです。
 
諦めきれない瀧は翌日の22日(土)、かつての記憶を辿り、宮水神社のご神体を探しに出向き、探し当てます。そこには、三葉と入れ替わった瀧が、以前、奉納した口噛み酒があります。そして、瀧は「三葉の片割れでもある口噛み酒」を口にします。
 
なぜなら、それを飲むことでもう一度、入れ替わりが起きるのではないかと思ったからです。もう一度入れ替わりが起きることで、自分が糸守の住人を避難させ、助けることができるのではと思ったのです。
しかし、立ち上がったとたん、足を滑らせ頭をしたたかに打ち...。
 
その瞬間、12回目の入れ替わりが起きます。

  • 2013年10月4日(金)三葉(中身は瀧)at 糸守
  • 2016年10月22日(土)瀧(中身は三葉)at 糸守

 
三葉となった瀧は、糸守が彗星落下の自然災害でほぼ全滅になることを知っているので、住民の被害を回避するために、さやかやてっしー2人と「ある計画」を実行します。それは、糸守町住人を安全な場所である糸守高校に避難させる計画です。
 
しかし、うまくいきません。壁となったのは三葉の父、糸守町長です。そのとき、三葉(中身は瀧)は感じるのです。宮水神社のさらに上にある山頂には、きっと瀧(中身は三葉)が居るだろうということを。そして、ホンモノの三葉ならば父を説得できるのではないかと...。
 
三葉(中身は瀧)は山頂を目指します。とうとう今回、3年と18日の時空のズレがあった2人が直接出遭ってしまうのです。出遭った日は、

  • 2013年10月4日(金)三葉&瀧 at 糸守

 
それは「かたわれどき」でした。2013年で直接に出遭った瞬間、入れ替わりは元に戻り、三葉も瀧も本人になります。瀧は、糸守町住民の避難を三葉(ホンモノ)に託します。三葉は、父のところに出向きます。
やがて...
彗星は宮水神社付近に落下し、糸守町の半分近くが全壊状態となってしまいます。

3回目の出遭い(^^)/

2回目の出遭いの直後、2016年に戻った瀧は、その後、高校を卒業し、大学に入学し、4年生となって就職活動に忙しい毎日を送っています。
 
そんななか、誰かを求めていることは感じているのですが、それが誰なのかが分かりません。もちろん、それが三葉であるということも分かりません。
 
一方、奇跡的な住民避難で助かった三葉は、東京に暮らしています。そして、誰かを求めていますが、三葉もまた、それが誰だかわかりません。
 
実は、2人は何回かすれ違い、それぞれピンと来るものがあるものの、確信がなく、お互いスルーしてしまいます。
_/_/
2022年、瀧は何とか社会人となりました。そんな朝の通勤場面で、すれ違った電車の向こうに瀧と三葉のそれぞれが「その人」を見つけるのです。
 
三葉はJR千駄ヶ谷駅で降り、改札を出て走ります。一方、瀧はJR新宿駅の南口を降りて、やはり走り出します。フツー新宿御苑当りで2人が出遭うのですが、迷ったのでしょうか。少し方向違いのところで邂逅するのです。それは東京四谷にある須賀神社近くの階段です。
 
階段下から見上げる瀧。一番上には三葉が居ます。瀧は階段をのぼり、三葉は階段を降ります。しかし、2人はすれ違ってしまう。でも、今度は瀧が自分のほうから三葉に声をかけます。三葉は涙を浮かべて応じます。そして、2人同時に口にするのです。
 

  • 「君の名前は?」

まとめ

3度目の正直、3度目の直接の出遭いで、想いが叶った2人。
糸守町で宮水神社を守ってきた一葉、二葉、三葉たちにとって、瀧との出遭いで町を救うことこそが本懐だったのでしょう。
なので、3度目の出遭いは、神様がくれたご褒美なのかもしれません。
 
2013年の最初の直接の出遭いから、10年経った2022年に3回目の出遭いを果たした2人。「結び」が2人の繋がりを決めていたのかもしれません。
 
_/_/
 
映画『君の名は。』は【dTV】で7/26から配信開始しています。
 
<スポンサーリンク>

注記

  • 画像出典:http://www.kiminona.com
  • 本記事はサイト移転に伴い、元サイト「映画『君の名は。』応援し隊♪」からここへ掲載しなおしました。その際、誤字修正などを含めリライトをしています。

<スポンサードリンク>
君の名は。の関連記事
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その2、新海誠監督の遊び心ある仕掛けたち!?
  • 『君の名は。』【ネタバレ満載】その1、意識入れ替わり「3年と3日ズレてる説」!?
  • 『君の名は。』プロデューサー川村元気の「暴露」と「成功の方程式」!?
  • 【遊び心か】『君の名は。』のなかにある2つの『言の葉の庭』について
  • 【新海誠監督が語る真実】『君の名は。』の2つのログラインが成功の秘密!?
  • 神木隆之介が語る、新海誠作品3つの魅力について(特典映像から)
『君の名は。』をとっぷり楽しみたいあなたへ。

『君の名は。』をいつでも、どこでも見たいというのなら、一番のお薦めはココですね♪
新海誠監督の他の作品も、もちろん楽しんでくださいね♪
 

 
31日間の無料トライアル期間も素敵です。
せっかくなので、31日間で十分楽しみ尽くしてください。
 
U-NEXTは、あなたにとって、その後も楽しめるメディアであると確信できます。
そして、他のSVODと比べても、圧倒的な品揃えも満足できます♪

おすすめの記事